ジオラマの作り方と注意点

ジオラマの作り方と注意点

ジオラマの作り方は、人によってかなり違います。
凝ろうと思えば、木の一本一本まで手作りすることができますし、市販品をそのまま使ったり、アレンジしたりして、ジオラマに使う人も多いです。
材料もある程度は100均で揃えることができます。
また、工夫次第では身近なもので代用することもできるでしょう。
初心者がジオラマを作る時には、写真立てくらいのサイズの小さなものから始めるといいと思います。
ジオラマのサイズが大きくても小さくても、作る工程はそれほど変わりませんし、一度、ジオラマを完成させてしまえば、作る喜びや改善点などがわかるはずです。
出来上がったジオラマを保管するのにも、場所をとらなくていいですね。
写真立てを使ったジオラマの作り方は、まず、邪魔なパーツを工具などで取り、枠の部分が汚れないようにテープなどで保護します。
紙粘土を写真立ての中に埋めていき、しっかりと乾かしてください。
段差をつけたい時には、木切れや発砲スチロールなどを土台にしてから紙粘土で覆うといいでしょう。
紙粘土の上に木工用ボンドを塗り、細かい砂をまきます。
発砲スチロールを細かく砕いたものを混ぜると、変化がついていいかもしれません。
木工用ボンドが乾いてから、アクリル塗料で塗り、塗装が終わったら、枠に貼っていたテープを剥がします。
後は、その上に、プラモデルの車両やフィギュアなどを配置して完成です。
紙粘土の土台に段差をつけ、低いところを青く塗装し、その上に木工用ボンドをたっぷりとたらすと、水辺にすることもできます。

関連ページ

ジオラマはなぜ人気?見るだけでもいい?
発売から何十年経った今でも人気の色褪せないプラモ。ここではプラモ初心者にもわかりやすいようにガンプラ・ジオラマの作り方、楽しみ方についてなどを紹介・解説しています。あなたもプラモデビュー、してみませんか?
ジオラマの写真を撮影してみる?
発売から何十年経った今でも人気の色褪せないプラモ。ここではプラモ初心者にもわかりやすいようにガンプラ・ジオラマの作り方、楽しみ方についてなどを紹介・解説しています。あなたもプラモデビュー、してみませんか?